戦国自衛隊1549

何年かに一度、「映画に行くから週末予定を空けておくように!」と号令がかかる事が

あります。父の決定は絶対です・・・。確かこの前の映画は「ラストサムライ」だったなあ・・・。

今回は「戦国自衛隊1549」だそうです。

私は本も千葉真一主演の昔の角川映画も見て来ていますが、naoは先に原作を読んで

おくように・・・と本を持ってきました。

お~っ・・・表紙もずいぶん黄ばんでいますが、古い本でも、小説の中身は同じです。

すごいなあ・・・。

驚いたのは本の料金 「190円!!」 (昭和51年2刷発行)

ただ・・・映画と言うものは原作の小説とはぜんぜん違ったものになっている事が多く

「小説とは別物」と思って、見る方が良いようです。今度の戦国自衛隊・・試写会の前評では

かなり酷評でしたが、さて・・・どうなのでしょう・・・。