経済的 湯たんぽ

朝夕寒くなり・・・かといって、まだストーブやヒーターは贅沢な気がするし、でも

夜は寒いし・・というこんな時期に、結構役に立つのが昔ながらの湯たんぽです・・。

どうせ買うなら、美的外見も考えて、昔ながらの「トタン湯たんぽ!!」と思ったのですが、

売り場まで行って、実際に現物を見ているうちに「これって、ちゃんと水を切らないと錆びる?」

「金属は、直接肌にあたると火傷しそう・・。」などなど考える事が多くて、実用的オンリーで、

ポリのを買いました。すごい色!でも、この底が平らなのが使って見るととても便利です。

このまま栓をはずすと、すぐに水も抜けるし・・。

やかんにお湯を沸かして入れて、膝に乗せたり足を乗せたりして過ごし、最後は布団に抱えて

持って行きます。石油ストーブが出る頃になったら、いつでもストーブの上にお湯が沸いていますのでお湯もふんだんにあり、経済的!

ただ・・・夜中に暑くて足で蹴り出すのか、夜中にベットから「ドン!」と下に落ちて・・・

(その音で目が覚めるの)