悲しい一日でした・・。

今日、庭でツバメが騒々しく鳴いているので、出て行ってみると、

飛び去るカラスの姿。

ツバメの子・・・全滅しました。

一羽は連れ去られて、2羽は落ちて死んでいました。

悲しいけど、カラスを憎む事は出来ません。

カラスだって生きている。

これが弱肉強食、自然界の厳しさなんだと思い知らされました。

この前壊れていた巣はスズメではなく、カラスの重みだったのかも

しれませんね。気がついてやれませんでした。

それにしても、ツバメの仲間意識はすごいですね。

どこから集まったのか、たくさんのツバメがぐるぐると

「チキッツ!チキッツ!」と危険を知らせる鳴き声を出しながら、

いつまでも長いこと庭の上を飛び回っていました。

とりわけ、何度も車庫の中に入っては悲鳴のように鳴いている親鳥の姿が

哀れでした。