日本版画会選抜展

HP toritoriワールドの鳥の版画の作品を彫っている水崎さんから

ご案内をいただき、版画を見に行ってきました。

この選抜展は昨年の秋に東京で開催された日本版画会展の中から、

選抜されたレベルの高い作品が展示されています。


こんな大きな版木をどうやって彫ったのだろう・・・とか、

こんな細かいところをどうやって彫るんだろう・・・と、

ため息の出るすごい作品が並び、一見の価値あり!です。

作品一つ一つ、かなり質問して、聞いてしまいました。

版画と一口にいっても、木版、石版、孔版、銅板、紙版・・・

またはその組み合わせなど、いろんな方法があるのですね。


館内は撮影禁止なので、雰囲気を伝えられませんが、

許可をいただいたものを一つ・・・。


HPで、おなじみのポストカードサイズの 「鳥の版画」



これの作り方を説明したパネルがありました・・・・きゃ~感激!!!


版木が4枚。

使った色は7色。


あっ、そうやって完成するんですね~!

って・・・・言うのは簡単ですが、

理屈・・・は、わかるのですが・・・




































黒の細い縁取り、黒の頭のぶちぶちのところなんて・・・・・彫刻刀で~?!


是非、近くの方は、足を運んで版画の作品のすごさに触れてください。

文部科学大臣賞の作品などもあります。



それにしても、版画展に来るのはもう3度目くらいになるのですが、

毎年一度かと思ったら、開催は2年に一度なんだそうです・・・。


えっ、この前来てから、もう2年も経っているんですか!


・・・・・・・・ちょっと放心状態でした。


      今治市河野美術館  平成20年8月30日(土) 9時~17時まで 

       火曜日休館  当日券 300円