原寸大写真図鑑「羽」

先日の羽ですが、最初私も、キジバトかと思っていたのですが

キジバトの写真を眺めていたら、キジバトは、たくさんの羽が重なって

鱗っぽい「柄」になっていて、羽の一枚一枚には「柄」がないみたいなんです・・。

しかも、初列風切がこの大きさだと、かなり大きいと思うよ・・とnao。


図書館に行ったら、貸出し禁止だけど、鳥の羽図鑑があるよというので

う~ん、知りたい・・・・・・。どうしても気になる・・・・・。

結局、図書館に行ってきました。


yukaさん(moeちゃん)が言われていたように、柄からすると

フクロウ類か、タカ類かどちらかだと思うんですけど・・・・。

どっち?と、決めきれません…(泣)

この辺は、フクロウもいるし、チョウゲンボウなどもいるし・・・

どちらの可能性もあり・・・。


フクロウの羽 参考サイト  http://wbpohya.exblog.jp/5662117/

う~ん、これも似てる!


フクロウは羽に消音の為のギザギザがあるらしいのですが・・・。


一番上は、今回拾ったもの。


2番目は・・・・どこかの探鳥会で拾ったものです。(同じっぽい?)

これは、ギザギザしている気がします。(やはりフクロウ?)


3番目は、タマシギです。(これははっきりわかった!)


そして、今回この本で調べてわかったもの。


ハイタカの羽   場所から考えても、柄をみても間違いない!

こちらは「スッキリ!」わかりました。


今までは、羽はnaoの単なるコレクションで、もらったり、拾ったりした羽を

雑然と、適当な写真入れに突っ込んでいるのを見ているだけでしたが、

こうして自分が拾って、夢中になって見ると・・・


「ひとつ、整理するのに、良いクリアブックを買ってあげましょう!!

そして、もっと綺麗にコレクションしましょう~!」


naoは探鳥会でいただいたりして、カケスのブルーの柄のところの羽や、

ヤマセミのシマシマや、オシドリのオレンジの羽など、

「おいしい」ものを持っています・・。


                           

さて、今回図書館にあったのはこの本!!


原寸大写真図鑑 「羽」


高田 勝  吐内 拓哉 (著) 


文一出版    18900円






 














それにしても、「とても素晴らしい~~~!!!」 本です。

しかも、原寸大というところが、わかりやすいです。


naoが、羽標本を作るのが夢だった!と、メジロの死体を

むしった←(表現が悪い?)気持が、この本を見ていると、

よくわかりました。


この本にも「死体を見つけたら・・」とか、「拾った羽を洗う」とか

いろいろな詳しい話が書いてあります。


羽を拾ったら、手を洗いましょう。


えっ!!!! (もう手遅れ・・・)


それにしても・・「フウチョウの自然史」は9万円でも貸出してくれるのに

この本は「持ち出し禁止」です・・・・何故~~~。


一冊あって、眺めたり調べたりしたい本の一つですが、このお値段!!

しばらくは、羽を拾う度、図書館に足を運ぶことにします。