本の紹介



目が疲れるようになって、最近は本を読む時間がめっきりと減りました。

以前は車の中で「nao待ち」の時に、雑誌やカタログをパラパラっと見ていたのに、

最近はそういう時間もなくなり、

しかも、メガネをかけないと見えないので面倒なのです。


だからと言って、眼を通さずに捨ててしまえないので

いつか読む…と思っている本や雑誌が、台所の隅に積みあがっていきます。


「くじけないで」という99歳の柴田トヨさんが出版した

詩の本を、人に貸してもらいました。


借りた本は、急いで読めます・・。


くじけないで  飛鳥新社

sankei.jp.msn.com/culture/academic/100328/acd1003280917003-n1.htm



叔母がなくなって、一人暮らしになった86歳の叔父も

毎日頑張って暮らしています。

きちんと洗濯物を干し、ご飯を炊いているのを見て、

こちらの方が頑張らねば!と、元気をもらいます。


農協でミカンの苗木を注文しているのを聞いてびっくり!!

今から、苗を育てて、みかんを収穫する?!

なんというパワフル・・・・。



携帯電話が使えても、運転が出来ても

生きていくという日々の精神の強さは、

この年代の方には、とてもかないません。