カナヘビの・・・・・・

理科研究を手伝ったり、

自然の親子教室などに、一緒に参加していたので

同級生の親からは、「教育熱心な親」だと思われていました。

私にしてみれば、いつも馬力の強い馬に引きづられて

ずっと走っているような感じでしたけれども・・・・。

行きたい!やりたい!という子供の熱意を、

どうして止められましょう~~


今考えても、8歳くらいの子供の「大丈夫、大丈夫」という言葉を信じて

一体どれだけの事をさせられてきたことか???

今思い出しても、ふと笑ってしまいます。





今日は庭の草むしり中、砂利の上で、なんだこれは???

よく見たら、なんと カナヘビの死体でした。

しかも、かなりの美品・・・(美品と思う事で、もうすでに洗脳されている)

う~~~ん悩む。(普通は悩まずに捨てる!)




そして、

言わなきゃいいのに、喜ぶかと思ってついnaoに言ってしまう。

そして、またこんなはめになる・・・・・



この前カエルは塀の上に置いていたら、あっという間に

カラスかモズに持っていかれなくなってしまったので、

今回は・・・・




一応隠す・・・。(この先はどうなるのか?????ホラーだ!)


私はこんな人間じゃありません~

いや、もしかしたら、

もうこんな人間になってしまっているのかも・・・