振袖騒動記~袖

お正月過ぎて成人式の写真を撮っておくというので、

昨年から美容院と写真屋さんをお願いしていました。

そして、12月の最後の方で着物を持ってきておいてくださいね、と

美容院さんに言われていたので、箪笥の中から

着物、帯、長襦袢、足袋・・・と出していきました。

和ダンスはあるけど、着物を着ることが今はもうほとんどないので

何を持っていかないといけないのか???

わたしの方が悩みます。

レンタルはお金がかかるけど、

身一つで行けば、頭の先から足の先まで貸してもらえて

美容院も写真も指定のところでパックになっているのでとても楽。

反面、親の着物を着せるのは

お金はかからないけど、箪笥の中から持っていくものを出したり、

足袋が入るかどうか合わせたり、草履は?バッグは?

美容院をお願いに行ったり、写真屋さんにお願いに行ったり・・・。

まさに、お金を出すか、労力を使うかと言う感じです。

長襦袢の襟が黄ばんでいたので、母に電話。

これって何処に買いに行くの?いくらくらいするの?

「家にあるから持って来ておきなさい」 (親ってありがたい!)

と言ってくれたので、持って行って置いて帰ったら

電話がかかって

「あなた、大変よ!!長襦袢の袖が45センチしかないわ!!!」

「え~~~~~~~~」(しばし、呆然・・・・・)

振袖と一緒に畳んで引出しに入っていたので、すっかりあるものと

信じていたのに、まさかの!!!

そういえば、昔はお嫁に行ったらもう振袖は着れないので

結婚が決まった時点で祖母が、他の着物を着る時に使えるようにと

長襦袢の袖を切って、縫い直しをしてくれていたようなのです。

そんなことはすっかり忘れてしまって、思いもしなかった二人。

「どうしよう~~~~」

「どうしよう~~~~」

まさか、将来生まれた女の子が、またこの振袖を着るかもしれない

なんて、その時誰も考えもしなかったですよねーーーーーーーーーー。

(つづく)