変わる風景

持っているのはコンパクトカメラだし、腕もダメダメですが

私にとってカメラは、

消えて行く風景などを記録(記憶)して、残しておくもの

という気持ちがあります。

naoの高校に行く時に走っていた道を久しぶりに通ったら

P1000361-s.jpg

目の前に高速道路の足が、ど~ん!!!!

P1000387-s.jpg

もう、こんなところまで来ている事にびっくりしました。

P1000391-s.jpg

湯ノ浦インターから市民の森インターまでの間が繋がらないと

松山方面からも高松方面からも一気にしまなみ海道を渡って、

広島方向に行く事が出来ないので

どうしてもここが繋がらなくてはならない必須部分。

P1000396-s.jpg

近いうちに、ご近所も工事が始まるのでしょうね・・・・・。

いろいろと複雑な思いです。

でも、ふと考えたのですが、

残したいと思っているのはどんな風景なのでしょう?

たかだか、100年くらい前ののどかな日本の農村の風景なのでは?

でも、その風景も、その前の時代の人からしたら、

自然を破壊し景観を壊すものだったに違いありません。

道をアスファルトで固めるとか、線路を通すとか・・・。

そういう事を考え始めると、「もののけ姫」や「平成ぽんぽこ」の、

人間が俺たちの住むところを破壊した!という獣のところまで

考えはどんどんさかのぼってしまい、

どこまでの発展なら良くて、どこまでがいけないのか・・

という判断はとても難しいと思います。

先日の縄文時代からも、随分と変わってしまいましたものね~←(そこ?)

P1000369-s.jpg

でも、実は私は人工的な美しさもとても好きなんです!

自然の美しさと、人間の技術のすごさみたいなのを感じさせられて

こんな景色には、いろんな意味で血が騒いで、

「ほ~っ」と惚れぼれ見とれてしまいます。

とても家の近くとは思えない不思議な感覚。