ルーク~2カ月半くらい。

ブログを読んだ友人から

「大変だったね~でも、ある意味平和だよね~~~」というお言葉。

 

そうそう、これが親が入院していて食事を取れない…なんて言う話だったら

とてもブログに書くような気にはなれないし、書いたりしない。

 

ブログに書ける事って深刻なようで、実は「書ける程度の話」

あるいは、もうその事がピークを過ぎて落ち着いたから書ける話だと思う。

 

 

 

さて、体重が80gはないといけない、1人餌は2カ月までに終えるべき

などという鳥の育て方のバイブルを見ながら

どうしようどうしよう!もう2カ月はとうに過ぎて、飛んでいるのに・・・・

と思いながら毎日スプーンを見ては金切り声をあげる鳥に心を悩ませていましたが

なにも心配する事はないです。

 

ある日、ふやかした粟をお皿にざっと盛ったら

いきなり1人でお皿から食べ始め、

今日は水入れから勝手にお水も飲んでいました。

 

毎日少しずつ昨日とは違った行動をして成長しつつあり、

心配することなくすんなりハードルを越えつつあります。

体重はまだ68gしかないけど。

 

P1010116-s.jpg

 

これって赤ちゃんを育てるお母さんも同じなんでしょうね。

育児書を読んで、おむつは何歳までに外します、

このあたりで歩きますなんていう言葉に、きっと悩むんです。

学校で学んできたように、本を参考にして

書いてある通りにならないと悩む・・・。

 

個人差があるんだから焦らずゆったりねとそういう言葉を、

経験者である大人がかけてあげなければいけないんだなあ・・・と

そんな事、改めて感じました。

大丈夫大丈夫~という一言で、気持ちが楽になります。

何故か今回私は子育てもしていないnaoから言われ慰められたけど・・(笑)

 

生き物はマニュアル通りにはいかない。

文鳥を1人で育てているnaoにも、良い体験でしょう。

 

 

P1000994-s.jpg

 

そして・・・・・そろそろ幼児期?? 静かと思えばボロボロ~!