アカクサインコとの1カ月

アカクサインコとの暮らし、もうすぐ1カ月。

いろいろと感じた事がいくつかあります。

 

まず、大きな鳥ほど、あまり動かない事。

餌もそんなに頻繁にたくさん食べない事。

頻繁にフンもしない事。

 

naoの文鳥のように小鳥の方が一番動き回って、

たくさんフンもして大変かもしれません?!

 

外の方が良いのか、扉を開けるとノコノコ歩いて

出て来るのがとても早くなりましたが、

よほど驚く事が無いと、ばさばさ飛ぶ事もないし、

だいたいはお気に入りの定位置でじっとしています。

(現在はテレビの上かパソコンの上)

 

たまに存在を忘れていて、ふと気がついて振り向くと

 

P1020638-s.jpg

 

ちゃんとそこで、機嫌良く遊んでいます。

(周辺に大事なものさえ置いていなければ大丈夫・・・・)

 

大きな声で鳴き叫ぶ事もほとんどないし

気性もおとなしいです。

 

餌もmazuriのも黒瀬フードのもどちらも食べるし

人参やリンゴ、小松菜なども好き。

 

なのに、なんでこの鳥あまり飼育されていないんだろう・・・と

naoとそんな話をしていました。

 

ただ、クサインコ類は人に慣れにくいそうで、

モモも警戒心が強く、まだまだ寄って行くと避けられますが

ベタベタオカメインコが1羽いるので

その違った個性が、また面白いです。

 

考えてみたら、生まれた雛の時から

ブリーダー~ペットショップと、いろいろな人の手を渡り

環境が変わってきたのですから、精神不安定や、人間不信な面もあるかも・・・。

(ルーだって家に来てから3日間は餌も食べなかったし。)

 

私達と出会う前の1年間、

生まれた時にはどんな所で暮らしていたのかな~と

モモがウグイスの地鳴きやホーホケキョ!と

真似して鳴いているのを聞いています。

 

P1020676-s.jpg

 

水浴びさせて!という意思の疎通は出来るようになりました。