naoの帰省終わりました・・・。

大学4年間の中で、一番長かった3週間の帰省が終わり、

今朝naoは自分の住む街に戻っていきました。

丁度叔父の病院の事や、トマトの仕事の時期と重なり、

P1390450-s.jpg

生活ペースを乱されて上手く物事が進まない私のストレスと

慣れない実習で疲れたnaoとのストレスがぶつかって

この3週間の間には怒鳴ったりする険悪な空気になる時もありましたが、

実習が終わってからは、映画のDVDを見ながら、

トマトをものすごい早さで詰めてくれたりして、

送り迎えやお弁当の感謝をしてくれているのがわかりました。

いろいろあったけど、お互い密度の濃い充実した3週間だったと思います。

naoが帰ってしまって、淋しくなった・・・・と思うでしょ???

ところが 

残っております!!!!!! (うわああああ)

DSCN0507-s.jpg

父親が山から木を切って来ては、どんどん豪華になって来る止まり木。

時々、鳥に向かって話しかけている声を聞いては

「ヨウちゃんはお父さんに愛されているな~~~~。」

と言っていましたが、

「お父さん、定年のお祝いにヨウちゃんあげる!」

「うわ~!いらんいらん!!!」

「空気清浄機も付けてあげるから〜。」

*******************************

この3週間、毎日人の居る部屋で、一日中止まり木の上で暮らすヨウムを見て

「ようちゃんはここに居る方が幸せみたいだなー」と言っていました。

これから先、naoは卒業論文の為、朝早く研究室に行ったら、夜遅くまで帰りません。

夏になっていく暑い締め切った部屋も心配だし、

研究室に連れて行っても、暑くなって窓が開けっぱなしになると

外に飛び出す心配もあります。

自分も淋しいけど、鳥の事を考えると置いて帰ろう・・・と決めたみたいです。

(鳥かごと餌を取りに行って持ち返った時点で、もう決定していたんだろうと思うけど?!)

それに・・・・そんな綺麗事以前に、

物理的に、もう誰が考えてみてもマンションで、あの鳴き声は絶対に

無理~~~!

つまり、そういう現状になっています。