傘生地の金着袋

レインコートを入れる外袋が可愛くて、カバンに入れて愛用していたのですが、

親戚が入院した時、貴重品をその袋に入れてあげたら、そのままになってしまい

大した袋でもないので今更聞くのもはばかられて、諦めました。

箪笥の整理をしていたら、傘の生地で作ったエコバッグが出てきたので

よし、この布で同じものを作っちゃおう!!

DSC03605_R.jpg

手提げバッグを解き、こんな感じだったかなあ~と思いながら

表地と裏布で巾着を二枚取りました。25×30くらいです。

DSC03609_R.jpg

ポイントは、端っこのハトメ穴。

DSC03607_R_2016091123264515b.jpg

口をきゅっと締めると、子供のナップザックのような形になるので

紐のところを下げて持ったり、どこかにちょっとぶら下げたりと便利なのです。

前に持っていたのはレインコートを背負えたのかもしれませんね。

DSC03608_R_20160911233148816.jpg

薄くて軽い傘布なので、畳むとハンカチくらいでコンパクト。

エコバッグを出すほどではないけど

パンを3個くらいなら、これに入れますから!ってちょこっと入れて下げたり

鞄から携帯電話と財布だけ持ち出す時などに使うといいです。

でも、先日母に見せながら

一枚の袋に紐の長さが220㎝くらいかかるということに気がつき、びっくり!!

失った袋の紐は、もう少し細くて柔らかいものだったので、市販のリボンを使う

というのもありかと思ったけど、そんなにいるとは。

同じようなものはできましたが、愛用品と比べると

紐の滑りや、布の柔らかさなど、ちょっと違う。

気に入ったものを無くすというのは、悲しい~と、改めて実感しました。