クーラーの修理

昨年の夏、室内のクーラーから水滴が垂れるので
屋根に上がって外のパイプの掃除を試みましたが止めきれず
保証を見たら、五年保証が2ヶ月前に切れてたという悲劇………。
悩んでいるうちに秋が来て、そのまままになっていました。

5月も29度もあったし、この調子だと今年の夏も暑そう~💧
電気屋さんが忙しくならないうちにはやくはやくと修理を決断。



それが、パイプ詰まりならそんなに大変じゃなかったはずが
壁と排水パイプのところに、何かがカチカチになって固まっていて
少々の力では取り除けないとのこと。
後日また別のところから修理の人が来ることに…………。

そのカチカチって、もしかして
ヨウムの脂粉とか細かい羽とかが詰まっているんじゃないかしら。
クーラーの下に鳥籠あったし……。
絶対にそうだそうだ!と勝手に納得して騒いでいましたが

修理の人が来て、1時間あまり奮闘の挙句



これね、アナバチがいろんなものを固めて巣を作ってました
とのこと。

アナバチ~!?

しかも、クーラーの排水の穴って
このくらいの量で潰れる大きさなんですね!と、それもビックリ。

修理費は結構痛かったけれど
これでこの夏は安心して迎えられることになりましたー。

排水パイプの先は大急ぎで、ネットの袋を付けて
防御しましたよ。



ゴメン!ようちゃん無実です~(怒んないで)


トカゲが室外機の中でショートしてたり、虫が巣を作ったりと
いろんなアクシデントも、田舎では仕方ないです。