意外な結末

まだ蝶にならないもう1つのアゲハチョウのサナギ。
黒色にもならないし、サナギになって20日になるので
死んでいるのかもしれない………と、今朝のこと話していました。

そして、夕方になって、ふと見たら
(いつもこのパターン………)



サナギの横に穴が……………。
????と思ってよく見たら、



ええっ!

最初にアゲハチョウの幼虫について調べていた時に
幼虫が蜂に寄生されることがあるという例もいくつか書いてありましたが

まさかの本当に寄生されていて
私達、ずっと蜂の羽化を待っていたとは…………。

こういうことがあると知ってはいたけど、
これはちょっと衝撃的でした。


しかも、後から見つけた方が蝶になって
最初に捕獲した幼虫がダメだったなんて
これ、2匹目を見つけてなかったら蝶にならなかったんだよー

と話したら、naoが

サナギの1つは蝶になり、もう1つは蜂が出て
両方の体験が出来たと思えばいいよ………と。

そうか、蜂の方が羽化に長く時間がかかるのかーと
naoはどこまでも理系思考です



それよりこの蜂、可愛くないよね。
ある意味この蜂も育てちゃったんだけどね。



でもやっぱりもう一度蝶を見たかったです。