ヨウムの寝た後は………。

ヨウムと同時に放鳥すると、事故の元なので
夜、ヨウムを寝かせて、カゴにカバーをかけたら他の鳥を出してやります。

そうしていたらアカクサインコが毎晩
ヨウムのカゴがなくなった途端
ものすごい声で「キコキコキコキコ!!!」と鳴くようになりました。
自分を出せ!!というアピールです。



そして1人で勝手に遊んで



気が済むと、1人でカゴの中に戻っていきます。
本当に頭のいい鳥!

忘れていましたが、ヨウムと同じで7月生まれで5歳になりました。




アカクサインコをカゴに戻してから
その日によって、ウロコインコを出したり、オカメインコだったり
この2羽はランダムに出します。

ウロコインコはベタベタまとわりつくけど、噛みつくので一番厄介。
まさに可愛い悪魔です。



オカメインコは、2日前カゴを掃除していたら卵が転がっていてびっくりしました!!
なんか丸まるとよく太ったなーって思ってたら………。



なかなか順番が来ないのと、
足元をウロウロとして踏みそうで目が離せないので
文鳥は最後になり、もっと出してもらえる機会がないのですが

いつも、夜の最後の歯磨きの五分だけ。

それでも嬉しそうに見えるので
その姿に癒されます。

毎日朝から優遇されているヨウム
毎晩みんなに 「早く寝ろ…。」って
思われてますよきっと。