畑の生き物

日曜の雨が嘘のような秋晴れの日。
今日からカレンダーは11月です。

雲ひとつない真っ青な空



そろそろ落花生を掘る頃かな~と思って畑に行ったのですが
葉っぱがまだ青々としているので、もうしばらく様子を見ることにしました。



マリーゴールドもそろそろ枯れて来たので、種を採っていたら
きゃ~、何かが何かを食べてる!?



飛びのいた後で、よく見たら なんとトノサマバッタが脱皮していました。

こういう動けない状態の時に天敵に襲われることが多いのですが
ゆっくりと観察するチャンス。



足には小さなトゲのようなものがあります。



この顔を見ると、もののけ姫のサンが浮かぶのは私だけでしょうかー。
動けないので不安そうに私を見ている気がします。
バッタには私がどのように見えているのでしょうね………。



数日前に、マリーゴールドの中で
シャクトリムシと、向き合っていて、
トノサマバッタってシャクトリムシを食べるの?と見ていた個体だと思います。
ずっとこの畑で住み着いていたんですね。



羽も乾き、ひとまわり大きな姿になったようです。
この数十分仕事をさぼって私はずーっとバッタを眺めてました。



防虫ネットの上を、尻尾の長い若いカナヘビが!!カナヘビカナヘビ~。

nao父はその間もせっせと鍬で畑を耕し
タマネギを植える準備。私は今日もお役に立っておりません………。

外に出ると面白いことがたくさんあります。