カモ調査に同行

1月の連休中の早朝から、カモ調査をする……というnao。

 

f:id:shinokud:20190114214440j:plain

河上から、河口までずっと歩いて調査するので、終わったら車で帰宅出来るように

一緒に来てくれない?と誘われて、朝から同行することになりました。

 

昔は夏の暑い日も冬の寒い日も朝早くからnaoと探鳥会に参加し

一緒に歩き、私もよく頑張っていたなあ〜と

今は1人で調査をするnaoの後ろ姿を見ながら思います。

今の私はしかもカモの種類も区別できないので

手分けすることも手伝うこともできません💧

結局、今も昔も運転手………。

 

f:id:shinokud:20190114221142j:plain

 でも、だんだん車で待ってるより、一緒に歩くのも楽しそうで

私も歩きたくなります。(私は健康の為〜)

 

f:id:shinokud:20190114223818j:plain

一番下の河口の橋まで約1時間半。

車が止まれないので、naoの後ろを何度か車で通り過ぎて行ったり来たりしながら

f:id:shinokud:20190114224103j:plain

 何を見ているのか気になるので、ついに車を停めて来ました。

f:id:shinokud:20190114223318j:plain

いるいる、カモとカモメが。

f:id:shinokud:20190114225511j:plain

いつもは車で通るだけの橋の上から、しみじみ川の中を眺めます。

何カモメなの?って聞くと

ウミネコセグロカモメと、ユリカモメがいると言われて

双眼鏡を借りて、脚が黄色いの、大きさが小さいのと説明をされて

まるでカモメ当てクイズ。

 図鑑を持って子供に説明していた親は退化し、子供は成長し

時の流れを感じますねーーー。(親がダメすぎる💧)

 

ああ、良いカメラも忘れた。

 

もう出かけて鳥を見るような事はないと思っていたけれど

橋の上でしみじみ鳥を眺めるのは気持ちが良かったし

久しぶりに心豊かな時間を過ごしました。