お雛様お片付け

 

今はもうカレンダー通りかもしれませんが

昔は旧暦でしていたのでひと月遅れでお雛様を片付けます。

naoが行ってしまった後で

1人でお雛様を仕舞うのは淋しいかなーと思っていたのですが

f:id:shinokud:20200405230057j:image

いざ、この量の箱を目の前にすると

「これを全部ここに入れる!」というミッション開始のスイッチが。

f:id:shinokud:20200405230351j:image

埃を払うお掃除セットもあります。

f:id:shinokud:20200405230419j:image

と思ったら、ハタキ振る度に羽が抜ける!!

ハタキ朽ちてる……。

f:id:shinokud:20200405230507j:image

なんと、今頃になって飾り付けの見本写真が出てきました。

f:id:shinokud:20200405230658j:image

刀、弓矢、小さなパーツの一つ一つ

f:id:shinokud:20200405230746j:image

髪を結い、着物を着せ、小物を持たせ

これだけの数の人形ですから、高価なはずです。

 

若い頃の子育て時期には、忙しくて、面倒で

早く片付けて終わらせたくて、

扱いも適当に雑にやってしまっていましたが

今年はゆっくり丁寧に、埃を払い

きちんと箱に詰めて行きました。

お内裏さまの顔、着物、ゆっくり眺めます。

今の方が、お雛様が好きです。

歳のせいかな。

f:id:shinokud:20200405231309j:image

これだけの物をきちんと手入れして片付けようとすると

穏やかなゆったりした時間が必要なのですね。

 

昔の人はそういう豊かな時間を持っていたのですね。

 

f:id:shinokud:20200405232140j:image

さて、ここからは大いに悩む。

この大きな箱の中に小さな箱全部

きちんと収まっていたはずなのに……。

出したり入れたり、箱を入れ替えたり。

箱詰めゲームみたい??

 

優雅な時間は終わり、ここからは体力勝負

木箱に入っていた時代の人

もっと重かったでしょうね。

全部2階に運びます。

f:id:shinokud:20200405231221j:image

次にお目にかかる時まで

カビず褪せず

お互い元気でまた会いましょう