文鳥ハル

最近ふと鳥かごを見ると

f:id:shinokud:20200420210408j:image

文鳥の姿が見えません……。

おや?と思ってそーっと覗くと

f:id:shinokud:20200420210502j:image

えっ!え〜っ!

f:id:shinokud:20200420210540j:image

あ、生きてた!

 

そういえば、ブランコで揺れてる事もないし

最近は止まり木から落ちます。

f:id:shinokud:20200420210704j:image

左の指が開いてなくてどうも足がおかしいし

文鳥 足が悪い」と検索すると……

 

文鳥って8年にもなると、高齢鳥なんですね。

足が弱ってきているみたい。

長く生きる個体もいるけれど

そろそろ寿命タイマーが発動する年齢みたいです。

 

f:id:shinokud:20200420211042j:image

止まり木に滑り止めのテープを貼ってみたり

餌が食べやすいように床に餌入れを置いたりしてみました。

白内障が出て餌が見えなくなる鳥もいるそうです。

 

f:id:shinokud:20200420211402j:image

ようちゃんはやっと7歳になった、という感じなのに

ハルはもう、おじいさんなのね……。

 

だんだん老いを感じていく自分と重ね合わせて

昼間もうつうつ寝ている姿が愛おしいです。

 

f:id:shinokud:20200420211716j:image

なのに、容赦なくカゴを襲いにいくヨウム!!

そして、わざわざカゴの端に寄って行って

中から威嚇して応戦する気の強い文鳥爺さん!

(ヨウムは嘴を引っ掛けてカゴごと引っぱる)

もう、危ないったらありません……。

 

f:id:shinokud:20200420212402j:image

これだと

まだまだ大丈夫そうですね。