naoの部屋〜本

朝ベランダに鳥が来て

雀じゃない…と探しているうちにどこかへ。

地味で茶色くて白い眉があったから、

きっとウグイスよと夫に言いいながら

ちょっと確認してこよう。

f:id:shinokud:20200427220603j:image

調べる野鳥図鑑は山ほどあります。

初心者向きから専門書まで何種類も。

 

あれ?こんな本もあったっけ?

昔は本を買ってやったりしていたので

大体把握出来ていましたが

近年は東京で自分が買って帰ったりして

記憶にない本がいくつもあります。

(たぶん、聞いていても忘れてる)

 

そして鳥以外の

f:id:shinokud:20200427220937j:image

鳴く虫の図鑑

(でもてんとう虫は鳴かないのでいない)

f:id:shinokud:20200427221057j:image

落ちている鳥の羽図鑑

(子供向きだから一般的)

f:id:shinokud:20200427221146j:image

里山図鑑…あったな〜こういうの!

植物図鑑も木の図鑑もあります。

 

山や畑、庭で仕事をしながら

いくらでも興味を持って学ぼうと思えば

本はここにいくらでもありますね。

 

簡単なのはこのくらいかな?と思って

野鳥図鑑を開いてみるけれど

あれ?ヒタキ類、ムシクイ類、みんな眉がある。

記憶にある見た鳥を探すけど………

ウグイスよね???(自信が揺らぐ)

 

子供だったnaoと、一緒に双眼鏡を下げて

同じスタートラインから出発したはずなのに

オス?メス?夏羽、冬羽、亜種、柄違い?

そんなのわかるわけないわ〜💧と私は脱落。

 

兄弟を同じように育てたはずなのに差が出るって

こんな感じなのかもしれないなー。

 

まあ、naoが大きくジャンプしたら

親はきっかけを与えた踏み台でいいのですけどね。

 

今は近眼と老眼が出て、鳥は見えないし

耳が悪くなって鳥の声が聞こえないし

名前がわかるそれ以前の問題が…。

はぁ〜っ、悲しい!

 

f:id:shinokud:20200427222826j:image

リンゴを食べていて、固まったようちゃん。

どした??

 

同じように上を見上げてみたけど

何が気になったのかわかりませんでした。

 

今は目の前の鳥をしっかり観察しよう。

ザ・インコの本もアレックスの本もあります。

もう一度読も。