枇杷採り

今日は枇杷の木のある山に行きます。

f:id:shinokud:20200607232006j:image

2月から来てないと

もう草が生えて道も無くなってきています。

里山の風景は人の手によって作られている

という言葉を思い出します。

手を抜くとすぐに山に戻っていきます。

ある意味自然の力は偉大!

f:id:shinokud:20200607232329j:image

先に行って〜!と夫は後ろから草を刈りながら来る。

f:id:shinokud:20200607232449j:image

頭の上からも木が垂れて来ていて

蛇踏まないかとか、何かが落ちて来ないかとか

足元も頭の上も

怖いんですけど〜。

f:id:shinokud:20200607232529j:image

狭くなった道を進んでいくと

f:id:shinokud:20200607232848j:image

パアッとひらけて、

ジブリ映画のシーンみたいな好きな風景です。

もちろんここも、ちゃんと草を刈って

管理しているならではの景色ですが……。

f:id:shinokud:20200607233020j:image

イノシシが大きく斜面をえぐっています。

イノシシも……いないよね??

f:id:shinokud:20200607233523j:image

ところが、お目当の枇杷の木まで

やっと到達したのに

枇杷が一粒もない!!!

ボー然………。

ヒヨか、カラスか、人間か、それとも不作か。

少し来る時期も遅かったのもあるし

仕方ない。

f:id:shinokud:20200607234255j:image

ヘビイチゴを見つけました。

f:id:shinokud:20200607235023j:image

みかんの木も少しずつ枯れてしまい

ここは柿山になりつつあります。

(しかも渋柿の……)

 

f:id:shinokud:20200607235144j:image

麦畑のお隣さんは畑を耕しています。

f:id:shinokud:20200607235541j:image

それを見ながら

私達は玉ねぎの収穫です。