柑橘の植樹

暖かい3月の陽気が続きます。

この前八朔の木を切ったところが空いたので

別の品種の蜜柑を植えてみることにします。

f:id:shinokud:20210208222858j:image

今から苗を植えて、この先

歳をとって蜜柑採ったり出来るの、って

実家の母は心配するけど、

蜜柑はそんなに何十年も先じゃないよ〜

f:id:shinokud:20210208230249j:image

 

f:id:shinokud:20210208223119j:image

 

f:id:shinokud:20210208223258j:image

 

ここは昔は木がぎゅうぎゅうで鬱蒼としたところでしたが

やっと木が減って、程よい本数になってきた

と思う頃には、木は古くなって減る一方。

早い時期に、新しい苗を植えていかなければ

欲しい時に、なかなかすぐに木は太らないものですね。

 

でも、ずっと「もうこれ以上柑橘の木要らない!」

って思っていました。

八朔だけでも、ものすごい数の木があったので…。

 

今はあれこれ食べたいものを少しずつ

自分で選んで植えて育てるというのも

楽しみなところです。

 

 

f:id:shinokud:20210208224428j:image

帰りの畑で白菜を……。

葉牡丹みたいになって、今年はうまく巻きませんでした。

でも鍋で食べよう!