八朔採り

お天気が良く寒さも緩みそうなので

1月の仕事 八朔の収穫に出かけました

 

f:id:shinokud:20220108214752j:image

ところが 畑に来ると 地面が真っ白

f:id:shinokud:20220108214811j:image

霜が降りて凍ってる!

f:id:shinokud:20220108215042j:image

でも 陽が当たる所は風もなく穏やかで

3月くらいの感じです

f:id:shinokud:20220108215153j:image

夏に小さい実は落としたつもりでしたが

摘果が足りなくて ミカンサイズがゴロゴロ

小さかったり皮の汚いのや 傷があるのを

どこまで持って帰るか捨てて帰るか 悩みます

皮なんか剥いて食べるんだから汚くてもいいのよ!って

みんな言うのですが それでもあんまり酷いと

あげるのに躊躇しますよねー

 

こんな感じで リンゴを作っている人も

皮汚いと悩むんだろうな〜

リンゴに置き換えて考えると

私も 小さくても皮汚くてもいいのにと思うんだけど

 

f:id:shinokud:20220108215843j:image

数十年前は八朔の木があちこちに100本以上あり

(栗山も元は八朔だった)

年末から採って 年が開けても八朔を採っていました

雪の降る中で採ったこともありましたが……

 

今は かなり整理して 今日数えたら15本

しかも昨年かなり木を切り詰めたので

半日くらいで全部収穫が終わります

いろいろと楽になりました

 

f:id:shinokud:20220108220301j:image

後2ヶ月もしたら

次は筍か〜

今一番大変なのは筍かも……

 

帰り道 道に飛び出して来た黒い物

何だ?と思って見ていたら

ゴロゴロっと後ふた固まり

右から左に消えて行きました

「猿だ!!」と夫

ほんの一瞬の出来事……

しかも三匹も!!!

 

昨年柿が全部無くなって猿だというのを

まさかーって信じていなかったけど

猿居たわ〜〜〜

 

それにしても 車の中じゃなくて

歩いていたら…と思うと

猿に会った時の対処方法を調べておかなくてはと

真剣に思いました

 

f:id:shinokud:20220108214702j:image