本紹介 「死」

絵の構図を考える為に・・と、久しぶりにnaoと図書館に行ってきました。




図書館て、宝の山!!  買えない高価な本は本当にありがたい!!


ところで、この本の中に、すごい本を発見・・・


宮崎学さんの「死」という本です。

山の中で死んだ動物の死体が、どうなっていくのか・・というのを

ずっと写真で撮り続けた本です。


最初は、気持ちが悪くて「えっ・・」という感じでしたが、

ハエが来て、ネズミがきて、狸がきて、カケスも肉をつつき、

やがて毛は、シジュウカラヤマガラ、カラスが喜んで

自分達の巣材に持っていき、狐が骨をくわえて持っていき・・・と

「死」が、森では別の生き物の「生」を支えていて、骨や毛の

細部まで無駄なく使われているというのを、

まざまざと見せつけられます。


そして、何もなくなった地面に草が生えて、元の草むらに

なった最後の一枚の写真を見た時には

「土に還る」という自然の摂理が心に沁みました。


死体は「死臭」という匂いによって「私は死にました~」という

サインを自然界に出し、それによってまずハエが集まり、虫がきて、

動物がきて・・と、次々に死体の解体が始まる・・という事に

自然の仕組みとはすごいものなんだなあ・・・と感動すら覚えます。


グロいのかと思ったけど、なかなかいい本だった~、

最後の森だけの写真に感動した・・・・と言ったら、naoは

私は標本のような骨の形がきれいに残った鹿の写真に感動した!!

(えっ、そっち~~~??二人の感動ポイントはかなりずれてた・・・・・)


もっとも、こんな本はnaoが借りていなくては、

私は一生見ることもなかったでしょう。




宮崎学 インタビュー

http://eco.goo.ne.jp/business/csr/ecologue/ecologue01_01.html


骨ねえ・・・・・。