「牛」 キターッ!!!

またまた学校から変な物を山ほど抱えて出てくる子、発見!

ついに「牛」が来ました。

古くて、5年間美術室にあったので 埃っていてぼろぼろ…(失礼…)

そしてバラバラ。

naoの熱意に押されて、二人で一緒に、まず磨く事に…。

消しゴムスポンジや、漂白剤、マジックリンなどなど、なんでもあり。  

そして、歯や、関節のところを、ホットボンドでくっ付ける。(あーぞくぞくする)

牛の下あごの歯…。

作業をしながら…心の中で 「いったい、どこの親がこんなことをしてくれる?」

「なんで、私はこんなことをしているのかしらん…」

と… 思いながら、なぜか手は動くし、

「へえ~こんなになってんの??」と、つい…。(鳥の死体よりは、まし…。)

最後に、二人で上と下を担いで合体し、後ろに発泡スチロールで台を作って…

やった~~~完成だ~~~~!!

恐竜の骨を、復元しているような感覚で、正直ちょっと楽しかったりしたのですが

その感動もここまで…。

ハタと現実に戻る・・。

先日の鹿の頭蓋骨が、急に小さく可愛く見えてきました

で、でかい~!!

さあ~~これをどうするかという、現実問題にぶつかっています…。