水槽その後


あっという間に喰われてしまった……と思っていましたが、
ミナミヌマエビ3匹と、チェリーレッドシュリンプ2匹が生き残っていることを発見!
レッドシュリンプはちょっと大きかったので、
このサイズが、ヨシノボリの口には入らなかったのでは?と勝手に推測。



じゃあ、このサイズのエビなら喰われないんじゃない?と
赤いエビを追加でペットショップに買いに行きました。

ところが、チェリーレッドシュリンプは売り切れており
勧められたのは、今お買い得という
レッドファイヤーシュリンプ(極火エビ)



チェリーレッドシュリンプより、赤い色が鮮やかだけど
問題は、ちっちゃ~い!
しかもこれ以上は大きくならないそうです。
これは困った………。
喰われる。

nao 「まあ、問題はヨッシーだけよ。肉食だから。」
shino「よし!ヨッシーを捨てるわ!」
nao 「えーっ、なんと決断の早い事!!スジエビも悪さするよ。」
shino 「よし、スジも捨てる!」
nao 「えーっ。」

naoが呆れていますが、スジもヨッシー
元の場所の生まれ故郷の水路に戻すので、
幸せだろうと勝手な解釈です。



水草も買って、もうこれで水槽に投資は終わり。
もう買わない買わないと、自分に言い聞かせです。
今いる魚が大きくなることも考えておかなくてはですよねー。

上手に飼ったら、極火エビは増えるらしいので
まだ60水槽に一緒に入れてしまうかどうか迷い中。
ヒナハゼは体長も小さいので大丈夫とは思いますが、まだ不安。



というわけで、まだ隔離状態です………。
ヨッシースジエビは、今日ダッシュで水路に放流してきました。



魚の数は減ったけど、おとなしい魚の多い、
平和な水槽になりました。(たぶん)



でも、やはりほとんど何にも見えない。