知恵比べ~ツマグロヒョウモン

もう、プラスティックケースに入れて観察する気はないけれど

やっぱり気になるツマグロヒョウモン・・・。

昨年見れなかった羽化だけは見て見たい。


自然のままにしておくと、どこかに行ってこそっと

サナギになってわからなくなるので、

この一つの植木鉢に幼虫を集めて、ここでサナギになってもらおう

なかなかいいアイデア




ぶら下がれる割り箸も用意してばっちりのはずだったのに・・・・・・





夕方・・・

なんでここで サナギになってるの?????

しかも、もう一匹もこの鉢の後ろ側。


きっと泳いで行ったんだ~と家人は言うんですけど・・・。

そうなのかなあ??


残念だったなあ~ちゃんと見ておくんだった。


もし、今小学校の理科研究の宿題があったら

どこまでパンジーを追いかけてくるか?とか

水があっても乗り越えて泳いで来るのか・・・とか

いくつでもアイデアを出してあげる事が出来そうだなあ~


もっとも、当時は幼虫を育てるなんて、想像もしませんでしたが。





これは、羽化したツマグロヒョウモンではなく、どこかから飛んできた親です。


きっと卵産みに来たんだ~~


今年は予想してかなりたくさんのパンジーを鉢に分けて育てていましたが

鉢が多いとそれだけ多く蝶がやってくるみたいです。


きゃ~。