BOUのお墓

海に流すと海を見るたびに思い出す・・・という話もありますが、

それはやがて忘れられて消えてしまうように思います。

 

でも、

お墓にしてあると、

何が埋まっているかもうわからなくなった何百年後でも

そこに何かが眠っているという「存在」が残ります。

何かわからなくても、手を合わせます。

 

江戸時代からあるという馬のお墓だって、今も祀られているのですから。

BOUもやはりお墓という形にして残してやりたいと思いました。

場所は・・・・じゃあ、馬の横?

 

 

 

がれきのような固い土をシャベルで掘り、

必死!

小さな箱なのに、埋めようとすると、

結構深く掘らないといけないんですね。

体力と時間がかかります。

 

 

そして暑い中、作業しながら考えました。

 

もう、Bouにしてあげられることは、

こんなことくらいしかないんだ。

 

昔の人も、そういう弔いの思いで、墓穴を掘ったのかもしれないなー。

お墓って本来そういう物なんだろうなあ・・・と、

一人で妙に納得していました。

 

そして、形のいい石を探し、水で洗い、たわしでこすり。

ついでにそこまでの道も作って。

(家人:それって並べてるだけでしょ、普通埋めなきゃ・・だって)

 

P1340336-s.jpg

 

しかし、その後の、私と家人の話。

 

「あれは馬の墓ではなくて、馬をあがめて神として祭っているものだ」

ええ~いままで聞いていたのと違う・・・。でも確かにあれは神様だ・・・!!

 

わーーー、神様の横、掘っちゃったよ~~~。

しかも、神様の横に仏様だよ~~~。ま、まずい・・・・・。

(鳥は無宗教だからいいか?)

 

でも、馬さまはきっと、鳥を許して横に住まわせてくれるはず。

両方ちゃんと参らせていただきますので・・・。

神様も基礎石、ブロックではなく、もっといいのを買ってきますので(汗)

 

P1340334-s.jpg

 

Naoが帰って来たら、石に名前を入れてもらおうと思います。

(猫が埋まっているくらい大きな墓になってしまった)

 

 

**********************************

 

 

昔のカラス事件が頭に残り、その後のBouが土の中でどうなるのかと

つい、想像してしまうNaoに改造された私の生物脳が怖いです・・・・。

ああ、考えないようにしましょう。