道ゆきコート

今年のお米のでき具合はどうなのか・・・。

DSCN0061-s_20140903211031c21.jpg

おでんをしようと、流し台の下のシャトルシェフの鍋を出したら、

取っ手のところがカビててびっくり!

今年は梅雨時期のようなじめじめの8月でした。

足が少し不自由になった実家の母が

9月の今日からリハビリ型ディサービスデビュー!!

新しいところに出かけて、緊張しないかしら、

環境にはなれるかしら、友達は出来るかしら・・・・と後の報告があるまで心配。

ついこの間までは私が心配してもらっていたのに (今も心配してるとは思うけど)

親が老いて、少しずつ立場が逆転だーと感じた日。

DSCN9985-s.jpg

もう着る事もないから、喪服の洋服に仕立て直そうと思うというので

黒いものは見えにくくて、ほどきにくいから私がやってあげると持ちかえった

母の着物の「道ゆきコート」

糸を解きかけたものの、

自分でこんなものを縫った事が無いので、

メビウスの輪みたいにぐるぐる繋がって、

今一体どこを今ほどいているのやら・・・・。

いや、私だって、もう黒い糸は四苦八苦!

これは、祖母が母の為に縫った着物ですが、

丹精込めて縫いあげてお嫁に持たせて、

何十年、一度も着ることなくまたこうしてバラバラに解いて・・・・・。

ここに力布が入っている・・などと思いながら

祖母に申し訳ないような、後ろめたいような気がしています。

でも、そういうもの、私の箪笥にもたくさん眠っているーーーーー。

新しく命を与えられて、蘇らせれる母はまだ救いがあると思います。

私はどうしよう~~~~~(罪悪感の固まり)

リフォーム出来たら、また記事にしようと思います。

*************************

デイサービスに行っても、手先はまだまだ達者です!