甘酒を作る

健康の為に甘酒を飲むということを決めたnao。

そうだ、冬に買ってた麹が一個残っていたわと思いついて

おかゆと麹菌を、電気釜に仕掛けてお出かけしたら

f:id:shinokud:20180713235810j:plain

普段は台所に入ることもないはずの夫が、

この日に限って電気釜の蓋がきちんと閉まってないぞ!と気がついて

ご丁寧に、きっちり蓋を閉めてくれたので、

高温になった麹菌が全部お亡くなりに……。

言ってなかった私のミスですが、まさかの結末。

 

 

ボーナスの出たnaoが、何かプレゼントするよ!と言ってくれるので

すかさず「ヨーグルトメーカー 、温度と時間のタイマー付きが欲しいです!」

ウキウキお値段と仕様と大きさ評価を検討 

f:id:shinokud:20180714001143j:plain

2600円は買ってもらいやすいお値段

アイリスオオヤマも人気だけど、丸いドーム型より四角いMK社の方が

ここに置くなら丁度いい。

 

f:id:shinokud:20180714002110j:plain

そして直ぐにお試しで作れるよう、麹もついでにお願いしました。

届いたのは粋な紙袋入りの、網走の醸造会社の麹。

f:id:shinokud:20180714002651j:plain

早速ご飯と麹と水を用意して60度で6〜8時間にセットするだけ。

f:id:shinokud:20180714003204j:plain

もうね、なんというかパーフェクトな完成!

今までのように、甘酒が、酸っぱくなったり、甘くないわ〜と、

失敗して悩むこともなくなりそうです。

 

  私「naoこれね、牛乳にR1のヨーグルト入れたら、ヨーグルトが出来るのよ!」

nao「そりゃそうでしょう、それヨーグルトメーカー だもの。」

私   「いやいや、だからあの高級なR1が紙パック一本分出来るのよ!」

 

よく考えてみたら、

naoは手作りの甘酒とヨーグルトを作って貰う為の

投資を私にしたということですね。