それぞれの鳥の近況

DSCN0673-s.jpg

昔、「グレムリン」というたくさんの怪物が家の中で暴れる映画がありましたが、

それぞれの鳥がてんでばらばらに 悪さをして

こんな事になっていると、思わず「家の中にグレムリンが一杯だ!」とつぶやいてます。

DSCN0703-s.jpg

  美しさでは、やはりモモがピカ1!

この鳥が我が家に来た時には、こんな大きな鳥を飼うということにも

こんな色の鳥を飼う事にもドキドキしました。

頭が良くて、今ではヨウムを真似てマズリーのペレットを水につけながら食べるし

ヒマワリを出して「お手」というと、ちゃんと「足」を出すの。

人間のする事をよく見て観察力が凄いです。

DSCN0680-s.jpg

なのに、なんで、さらにこんな大きな鳥がいるんだろう???と

いまだに実感がわきません。

普通の大きさってどれ~??

一番かわいそうなハル。

大型の鳥に囲まれて、文鳥のハルは最近精神不安定です。

小さいので他の鳥に気を取られて踏むといけないので、

しばらく出してやれなかったら、先日手にのって来なくなってびっくりしました。

手乗りって、ちゃんと愛情を毎日かけてやらないとダメなんですね。

DSCN0726-s.jpg

オカメインコは、雛から育てたまさに「わが子」みたいなものだし

DSCN0714-s.jpg

naoにヨウムの代わりに1羽連れて帰ってよーと言ってみるものの

やはりどの鳥も、もう手放せないのでした。

あ・・・・・・・・そういえば、もっと可愛そうなのは

P1320727-s_2014062921392529d.jpg

出勤を見送って、走る楽しみもなくなった

外で暮らす、「くら」なのでした。