アゲハチョウ終令形(虫注意)

先日山椒にいたアゲハチョウの幼虫
naoが、あの黒い鳥のフンのような形から、
いつ緑のあの姿になるのかしら………
どうやってあんな姿になるのかしら?と言うので
背中からバリッと皮が裂けてニョキッと出て来るのよ。
(すごい表現)

私はツマグロヒョウモンを何匹も育て(させられた)ましたもの~!


そして今朝、洗濯物を干しながらちょっと覗くと
かなりジッとして緑っぽくなっていたのでもしかしたらと思っていたら



お昼までには、すでに緑に変身しておりました。
黒い姿で1令から4令まで脱皮しながら成長し、
この姿が終令、最終形態なのだそうです。
発見した時には、小さいと思っていたけど、
もう4令だったんですね。

そしてこれから約一週間で次はサナギに………。

これはー、部屋のどこかに置いておかなくては。



ガラスの水槽に、ちょうどnaoが持ち帰ったライトがあったので
綺麗にまとめて、ベランダから部屋に持ち込みました。


仕事から帰ったnaoは、終令の幼虫に大喜び!
この姿が見たかったの~、だそうです。
(見るだけじゃなく育てて)



それにしても、✖️歳と、✖️歳の2人が
アゲハチョウの幼虫に夢中になっているのは
学生時代ならともかく、今ではなんだか複雑な気分……………。




naoはこれを見て

これって、アゲハチョウがいなくなったら、
爬虫類も飼えそうね


「ダメです!!」