アカクサインコ

実は

今月の初め、アカクサインコ が落鳥しました。

何が起こったのか理解できないくらい

あっけない最期で

やっと気持ちも落ち着いて、話せて

ジワジワと寂しくなってきているところです。

 

歳をとって、私がいなくなった後

この鳥達はどうなるのだろう……と

鳥達はみんな20年30年の寿命を

最後まで生きるものだと完全に信じて

私は疑ってもいませんでした。

 

まさかの8年で終わってしまうとは……。

 

何十年も先のことを心配していたなんて馬鹿みたい。

将来の事を考えておくことは大切だけど、

先のことなんてどうなるかもわからないし

なるようにしかならない!と開き直って

今の時間を大切にすることの方が大事という事を

つくづく思い知らされました。

 

私より長く生きていくと思っているヨウム

本当にずっと一緒にいられるんだろうか??と思うと

急にものすごい不安が……。

 

8年前のアカクサインコ を連れて帰る時

こんな大きな鳥を飼って良いのだろうかと戸惑ったし

真っ赤な鳥も初めてだったので

その美しい色にドキドキしました。

あの日の感動は一生忘れません。

f:id:shinokud:20201215215232j:image

大きな鳥籠を畳みながら

もう2度とあの美しい鳥を飼うことはないなあ…

私の年齢からは無理。

歳をとるというのはそういうことなんだなーと

それがかなり堪えました。

 

でも、こんな大きな鳥を、と思っていたその後に

ヨウムを飼うことになったし

赤よりもっとド派手なゴシキセイガイインコがやって来ました。

 

もう自分でインコを飼う事はないけれど

保護鳥がやって来たりすることもあるし

本当に先の事はわからないのです。

くよくよ考えるのやめました。

 

f:id:shinokud:20201215220243j:image

前の日の夜まで、元気だと思っていたモモ

そういえばモモのフルネームは桃太郎でした。